ニュージーランド留学 ワーキングホリデー留学 安心サポート

観光ビザ(短期訪問ビザ)について

観光ビザ ニュージーランド イメージ画像

観光ビザ(短期訪問ビザ)は3ヶ月以内の短期の観光や留学用のビザです!

3ヶ月間は短期留学がビザなしでも可能です。

申請は不要!NZ入国時入国審査でスタンプが押してもらえます!

以下の情報は、ニュージーランド移民局のホームページ 及びニュージーランドビザ申請センターのホームページ(VFS.GLOBAL)を参考にさせていただいてます。

観光ビザ(短期訪問ビザ)の特徴

*日本国籍、及び在日韓国籍の方が訪問者としてニュージーランドへ入国される場合、滞在期間が3ヶ月以内であれば、ビザを事前に申請する必要はありません。

*空港で入国審査官がパスポートにスタンプを押します。無査証(ビザ無し)ともいえます。滞在期間をカバーする往復航空券、有効残存期間が滞在期間プラス3ヶ月以上あるパスポートをお持ちになってご出発ください。

ということは、語学学校で3ヶ月以内の就学を希望している場合は、観光ビザ(短期訪問ビザ)を申請する必要性はありません。もし3ヶ月以上の語学学校での就学を希望している場合には学生ビザが必要です。

→学生ビザについてはこちら

3ヶ月間の予定でNZへこられて、やはり3ヶ月以上に就学を伸ばしたいというときは学生ビザへの変更ができますが、申請料は有料です。もともと3ヶ月以上就学の可能性が高いのであれば、学生ビザの日本での事前取得がいいでしょう。

観光ビザ(短期訪問ビザ)は18ヶ月以内に最長9ヶ月(最初の3ヶ月を含む)までNZ国内でも延長可能です。(申請は有料です)。ご注意:NZ移民局の判断ですので、延長申請が必ずしも許可されるとは限りません。

(在日北朝鮮国籍、中国籍の方は3ヶ月以内の滞在期間でも観光ビザ<短期訪問ビザ>が必要になりますのでご注意ください)。

3ヶ月を超える観光滞在ご希望の方

以下は、3ヶ月を超える観光滞在を御希望の場合の、観光ビザ(短期訪問ビザ)の日本での申請の必要事項です。申請には下記の書類を提出してください。
※ビザ申請をされるご本人以外の方が窓口にて申請及び受領する場合は、ご本人からの委任状が必要です。

* 短期訪問ビザ申請書: Visitor Visa Application INZ1017

申請用紙こちらからダウンロードしてください。プリントアウトして使用可能です。

ファイルを開くにはアクロバット リーダーが必要になります。
お持ちでない方はこちらからダウンロードできます。

* ビザ申請料金:日本国籍の方は無料

* パスポート:滞在期間プラス3ケ月以上残存有効期間のあるもの。パスポートのバイオページ(顔写真ページ)のカラーコピー2枚、パスポート内のビザや出入国スタンプのある全てのページのカラーコピー各1枚。

* 写真:写真:パスポート用写真2枚を申請書所定の位置に貼ること。パートナー(結婚、婚約、その他)やお子さんの写真の必要性については、ニュージーランド移民局及びニュージーランドビザ申請センター(VFS.GLOBAL)にご確認ください。

* 滞在資金に関する証明:1ケ月につき1人NZ$1,000相当の滞在資金があることの証明。

滞在資金証明はいずれも本人名義で1ヶ月以内に発行された預金残高証明書等を提出することにより証明してください。

又、滞在資金、帰国の保証をニュージーランド国籍又は永住権を持つ親戚、友達より保証 してもらう事もできます。この場合はSponsorship Form for Temporary Entry (INZ1025) の用紙を提出してください。

NZ移民局のダウンロードページはこちら

  ファイルを開くにはアクロバット リーダーが必要になります。お持ちでない方はこちらからダウンロードできます。

* ニュージーランド出国航空券の証明:次のいずれかを提出してください。

(1)滞在期間をカバーするニュージーランド出国航空券のコピー。次の目的地がビザを必要とする国であれば、その国のビザも必要です。(NZ往復航空券代金領収書と予約確認書の提示でも可。)

(2)Sponsorship Form for Temporary Entry (INZ1025)。

NZ移民局のダウンロードページはこちら

  ファイルを開くにはアクロバット リーダーが必要になります。お持ちでない方はこちらからダウンロードできます。

*6ヶ月以上の滞在を予定する方は、TB(結核)スクリーニングの提出が必要です。

2015年1月30日から、eMedicalと呼ばれる新しい健康診断システムが適用されることになりました。現在の紙媒体の健康診断よりeMedicalへ移行することになります。eMedicalはニュージーランド移民局の指定医師によって使用されます。指定医師による健康診断の結果は、安全なオンラインチャネルを通しニュージーランド移民局へ提出されるようになります。今迄の紙媒体の健康診断のように、申請者へ健康診断書類が返却されることはございません。 eMedicalの更なる情報及び、この変更の詳細に関してましては、ニュージーランド移民局ホームページをご参照ください。 最寄のニュージーランド移民局指定医師を検索する際は、ニュージーランド移民局の該当リンクにてご確認ください(SEARCH欄にJAPANと入れて頂いて、SEARCHを押して頂けますと検索できます)。

日本のパスポート保持者へのEビザ発行

Immigration New Zealand (INZ) 上海は、Eビザの発給を開始しました。日本のパスポートをお持ちで、日本国内にて一時滞在ビザ (学生ビザ、労働ビザ、短期滞在ビザ) を申請され、申請が承認された方が対象となります。
Eビザ発給開始により、ビザ申請が承認された場合も、ビザラベルがパスポートに貼られることはございません。ビザラベルが発給される代わりに、INZ上海からビザの詳細が記載されたレターがEメールにて送られてきます。ビザ申請が承認された際は、送られてきたレターを必ず印刷し、パスポートと一緒に渡航にお持ちください。
ニュージーランドのEビザシステム導入により、Immigrationステイタスや滞在資格を確認するためのビザラベルをパスポートに貼ることが不要とな ります。空港でチェックインされる際、空港職員がパスポートと一緒にEビザレターを確認し、搭乗条件を満たしているかを確認いたします。
ニュージーランドに渡航される際には、必ず発給されたEビザレターをお持ちください。お持ちにならない場合、航空会社が登場を拒否する場合もございます。

ビザ申請取扱手数料とパスポートの郵送受領

パスポートの郵送返却をご希望の場合は、必ず郵送代金を事前にビザ申請センターへお支払い下さい。

ビザ申請センター(VAC)は手数料としてビザ申請一件につき取扱手数料1申請ごとに 5,400 円 (税込み)を請求します。 ビザ申請センターへ出向いての窓口による申請結果の受領を希望されない場合、 郵送返却もお選び頂け、申請結果の受領を郵送でご希望の場合は1申請ごとに別途料金800円がかかります。

手数料は申請料金(必要な場合)と同時に申請毎にお支払いいただきます。

全ての申請は下記へ直接提出されるか、又は郵送してください。

〒105-0021
東京都港区東新橋2-3-14
Edificio トーコービル 4F
VFSニュージーランドビザ申請センター

お問い合わせ
Tel: 03-5733-3899
メール: info.nzjp@vfshelpline.com
ウェブサイト:http://www.vfsglobal.com/NewZealand/Japan/Japanese/index.html

業務時間
申請受付時間
月曜日―金曜日午前8:00から午後2:00

電話受付時間
月曜日―金曜日午前9:00から午後3:00

支払い方法
申請料金、手数料及び郵送代金は、申請にお越しの場合現金でお支払いください。郵送の場合は銀行振り込みでお支払いください。

注意事項

上記情報はニュージーランド移民局のホームページ及びニュージーランドビザ申請センターのホームページ(VFS.GLOBAL)を参考にしています。ビザに関する情報は突然変更になる事があります。最新の情報は以上ホームページをご参照願います。